歯を失うと必要になる入れ歯についての知識を得よう

歯科

歯医者さんの選び方

歯型

六本木で歯科を選ぶには、仕事の後に通う人が多いため、遅くまでやっている歯科が有利です。歴史があって同じところで開業している老舗であり、治療の際に事前説明がしっかりしているところがいい歯科医院であると言えます。

詳細へ

自分の歯を長く使うために

女性

抜けた歯を放置しておくと、健康や美容に悪影響を及ぼしてしまいます。桃山台の歯医者では通常の義歯・入れ歯のほかに、審美性に優れたインプラントを用意しています。歯並び改善のために使用する歯列矯正は、目立たない器具を使用するので日常生活に影響はほとんど出ません。

詳細へ

人工の歯の種類

歯型

保険内で行える治療

歳を取ると大多数の人が、虫歯や歯茎の弱りなどの理由で歯を失う人が増えてきます。歯を失うと、差し歯や入れ歯などで人工の歯を入れることになります。一般的な入れ歯と言うと自費治療になるインプラントやブリッジではなく、保険内での治療になるため治療費は比較的安価です。東京の歯科医院でおこなえる入れ歯の平均費用は、総入れ歯なら1万円から、部分入れ歯なら5000円からというのが相場になっています。東京の歯科医院で保険内で可能な治療の場合、入れ歯は6ヶ月に1回しかできないことになっています。紛失などの理由で6ヶ月以内に再び作る場合は自費治療になりますが、故障や合わなくなってしまった場合は保険が効く場合もあります。

自費治療の高級な歯

東京でも高齢化社会になり、以前と比べ非常に寿命が延びている現在、自分の歯だけで一生を過ごせる人は少数派になっています。地方から移住してきた人でも、最後の地に便利で医療機関や介護施設が充実している東京を選ぶ人が多くなっていて、結果歯医者にお世話になる人が増えているのも必然のことです。患者の年齢が高くなると、保険内の入れ歯では賄えなくなってきて、自費治療の高級な入れ歯のニーズも高くなります。保険内のものにはプラスチックが使われていますが、自費治療のものには金属や特殊合金、シリコンなどの素材が使われています。高額な入れ歯にはそれぞれ安全性が高く痛みを感じにくいなど、安価なものよりメリットが多いのが特徴です。

利用しやすいところが多い

歯医者

勝どき駅周辺にはある歯医者は、徒歩一分という好立地な歯医者もありますし、子供や妊婦さんに優しい歯科医院もあります。ただ、日曜日と祝日は休みです。平日でも特定の曜日は午前中までというところもあるので、診察時間はしっかりと確認して利用をしましょう。

詳細へ